ブラタモリ 6/13 函館(1)夜景が美しい理由と坂道がまっすぐな理由

2015年6月13日放送ブラタモリ第8回
函館の夜景〜函館の夜景はなぜ美しい?〜


函館の港から始まった函館編第二夜。

タモリさんたちはこの日の前日に函館の夜景を見るはずでしたが、天気が大荒れで見られなかったそうです…。

そしてタモテバコのお題は
「函館の夜景はなぜ美しい?」

そのお題が出たところでタモリさんは「だから見られなかったんだって!(怒)」と怒りのコメントを発していました(笑)

函館の港で出迎えてくれた案内人、函館高専准教授・奥平理さん。

ここから函館の坂道などを案内してくれます。



明治41年までここに連絡船が着いて多くの乗客が乗り降りしていた「東浜桟橋」。

その隣には北海道第一歩の地碑もあります。

昔はここが北海道の玄関口だったそうです。





テレビ内で紹介されていた一続きになった建物。

函館の港の店は海側にどんどん埋め立てて建物を延ばしていったのだそうです。

この建物の最初のものは明治14年に建てられたものだとか。





函館市電の線路をわたって現れた坂、「日和坂」。

上から見ると天気がわかるという意味で付けられた坂の名前なのだそうです。

今はなだらかな坂になっていますが、昔は急斜面の坂道だったらしく、横から見るとその痕跡が見られました。


坂の横の崖は「海岸段丘」になっていて、石垣が段々になっています。

※海岸段丘とは、波により削られてできた階段上の地形



この日和坂を見ても分かる通り、函館の坂はどこも海からまっすぐ登っています。

長崎の坂道とはまったく趣が違っています。



函館の坂道が直線的な理由



旧相馬邸。北海道一の豪商と言われた相馬哲平の屋敷です。

このお屋敷の屋根裏に、大正10年の大火の痕跡が残されていました。


明治から昭和初期にかけて、函館は何度も大規模な火災にみまわれた歴史があります。

1000戸以上の住宅が焼けた火事は10回を超えるそうです。

「函館の歴史」は「火事の歴史」でもあったんですね。



もともと函館の坂道は細く曲がって住宅が並んでいました。

そのせいで火事が燃え広がりやすかったのです。


その対策として、巾の広い真っ直ぐな坂道に作り変えたのでした。



函館で最も有名な坂 八幡坂



この八幡坂は函館を代表する坂の一つで、海に向かってまっすぐ伸びる景色が特徴的。

道幅は30メートル以上もあり、広々としています。


この景色は観光スポットにもなっていて、外国人観光客も記念写真を撮影する場所として有名です。



ということで…

夜景が美しい理由はまっすぐな坂

というのが理由なんですね。


なので函館山で夜景を見る時のポイントは、奥ではなく手前を見ることなんですね。





【関連記事】
#7 はるばる函館へ 〜レールはどう函館を目指す?〜(5月30日放送)

#8 函館の夜景〜函館の夜景はなぜ美しい?〜(6月13日放送)
タグ:夜景 八幡坂

posted by しょう at 14:12 | 北海道函館市

#58 浦安 〜なぜ浦安は“夢と魔法の町”になった?〜(2017年1月7日放送)

#59 さぬきうどん 〜なぜ“さぬきうどん”は名物になった?〜(2017年1月14日放送)

#60 こんぴらさん 〜人はなぜ“こんぴらさん”を目指す?〜(2017年1月21日放送)

#61 水戸 〜水戸黄門は なぜ人気があるのか?〜(2017年1月28日放送)

#62 別府温泉 〜別府はなぜ 日本一の温泉に?〜(2017年2月4日放送)

#63 別府 〜巨大温泉都市・別府はどうできた?〜(2017年2月11日放送)

#64 神戸の港 〜神戸はなぜ1300年も良港なのか?〜(2017年2月18日放送)

#65 神戸の街 〜神戸はなぜハイカラなのか?〜(2017年2月25日放送)

#66 奄美大島 〜自然をいかした 奄美の“宝”とは?〜(2017年3月4日放送)

#67 奄美の森 〜なぜ奄美は 生き物の楽園!?〜(2017年3月25日放送)

#68 奄美の海 〜なぜ奄美は 生き物の楽園!?〜(2017年4月1日放送)

#69 京都・清水寺 〜人はなぜ清水を目指す?〜(2017年4月8日放送)

#70 京都・祇園 〜日本一の花街・祇園はどうできた?〜(2017年4月15日放送)